老眼サプリの口コミ

老眼対策サプリはどれがいい?効果を感じた厳選3種類【実体験】

投稿日:

老眼が進むと、日常生活にも支障をきたすことがあります。細かい文字を読みたくても読みづらいですし、スマホも画面を離して見ないと、なかなか見えません。

特に「契約書」「医薬品の注意事項」などは、大事なことが書いてあるのですが、その読みづらさは本当に辛いですし、なんとかしたいと思いますよね。

このページでは、そんな老眼に悩む私が、数々の老眼対策サプリを試した結果、「使って良かった」と感じたものだけを厳選して紹介していきます。

試した老眼対策サプリは全部で8種類

試した老眼対策サプリ8種類

今日まで私が試した老眼対策サプリは、全部で8種類です。

  1. ファンケル えんきん
  2. ファンケル スマホえんきん
  3. さくらの森 めなり
  4. リフレ ブルーベリー&ルテイン
  5. みやび ビルベリープレミアムα
  6. DHA ルテイン光対策
  7. ディアナチュラ ブルーベリー&ルテイン
  8. マイケア 一望百景

これらを試して、悪いものは紹介してもしょうがないと思いますので、良かったものだけを今回は紹介していきます。

これらは私的には、「どれを選んでも間違いない」と呼べるサプリばかりですが、それぞれのメリットデメリットも併せて紹介していきます。

老眼対策サプリランキング

私自身が老眼対策に効果のあったサプリは3種類あります。その3種類をランキング形式で、効果を実感した順に紹介していきます。

1位:めなり

めなり

「最高のアイケアサプリを目指して作られた」というキャッチコピーのあった「めなり」ですが、私は当初「胡散臭い」「そんな自信もって言っていいのか?」とずっと避けてきました。

もちろん成分としては、ルテイン12㎎、ゼアキサンチン2.4㎎、特許取得ビルベリー170㎎など魅力がありましたが、「どれも結局は同じだろう」ということで、最後まで買わなかったサプリです。

しかし、使ってみて、「効果実感度」が一番高かったのが「めなり」でした。

目の疲れやドライアイもおかげで解消できましたし、今では夜になって視力が落ちるという事もありません。老眼に悩まされていた自分が、今ではほとんど悩まされなくなっていて、「これならもっとはやく使っておけば良かった」と思っています。

私自身、そうやって遠回りしてたどり着いたのが「めなり」でしたが、もちろん「怪しい」「胡散臭い」という気持ちは大変良く分かります。

しかし、これをまず選んでおけば間違いないですし、「めなり」で効果がなければ他のサプリもあまり効果がないんじゃないか?と思うくらいハイパフォーマンスなサプリです。

>>めなり

2位:ファンケル えんきん

えんきん2位はファンケルの「えんきん」です。

これもルテインが10㎎、DHAが50㎎のほか、アスタキサンチン、シアニジン-3-グルコシドなど「4つの機能性表示」を獲得しているサプリメントです。

私がまず初めに購入したのがこの「えんきん」になります。

選んだ理由としては、やはり「ファンケル」という安心感、そして先ほども紹介したように「4つの機能性表示」があるからです。

機能性表示は事業者の届け出があれば表示できるものですが、それでも消費者庁に届け出が必要ですし、えんきんは、しっかり眼科医の診察の元効果が実証されているので、比較的安心して使用することができました。

「めなり」を使うまでは、この「えんきん」をずっと使っていました。

が、試しにと思ってめなりを使ったら、めなりの方が良かったので、今ではあまり使っていません。

DHAが50㎎配合されているので、涙の質の向上に効果的です。ですので「ドライアイ」を感じた時には、えんきんを飲むようにしています。

>>えんきん

3位:一望百景

一望百景

マイケアの一望百景は、沖縄素材が使用されていて、老眼にも良さそうに見えたサプリでした。

実際はあまり考えずにお試し購入をしましたが、「まぁまぁ」です。

ですので、良くもなく悪くもなくというのが正直な感想になります。

ここでは、「一応効果が感じられた」ということで紹介しました。が、あえて選ぶ理由も見当たりません。

>>一望百景

老眼対策サプリで「めなり」を選ぶ理由

結果的に、今私がファーストチョイスをするなら、間違いなく「めなり」です。

もちろんそれは「効果を感じられたから」ではあるのですが、「価格面」でも優れているからです。

通常サプリには「返金保証」がありません。しかし、めなりには15日間返金保証があるので、もし15日間お試しをして、気に入らなければ全額返金してもらえます。

それだけではなくて、サプリは通常、「継続縛り」があって、お試し価格で購入できても、3か月は継続しなければいけないというものがあります。

しかし「めなり」は、継続縛りがなく初回から解約が可能です。

つまり、907円で1袋買った後、すぐに解約することができてしまうわけです。これがあるので、まずめなりを試して、その後気に入らなければファンケルの「えんきん」を試すというのがおすすめの流れです。

これは、私個人の主観によるものですが、「めなり」を選ばないリスクの方が大きいと思っています。そう思っているので、ここでは強くめなりをおすすめしました。

めなり

さいごに

老眼対策はサプリメントだけではありません。継続的なトレーニングや、運動や食事といった体の基本と呼べることまで、すべてに関係しています。

しかし、老眼対策のキーワードは「抗酸化」であることは間違いなく、サプリで目に必要な抗酸化成分「ルテイン」「ゼアキサンチン」を摂取すれば、「今より悪化すること」を予防することができます。

まさか改善するとは思っていませんでしたが、まずは、「現状維持」を目標にサプリメントを効率的に使ってみてはいかがでしょうか。

【1位】めなり

 老眼サプリに重要な「ルテイン12㎎」「ビルベリー(アントシアニン)170㎎」が含まれていることはもちろん、ゼアキサンチン、アスタキサンチン、クロセチン、亜鉛、銅など、ルテインと相性の良い補助成分が配合されています。

ルテインはフリー体ルテイン、アスタキサンチンもフリー体アスタキサンチンを使っていますし、ビルベリーは「特許製法」で作られ、吸収率は従来の2倍です。

初回907円でお試し後、継続の必要なしで解約することができます。また、2週間ほど使用して効果がなければ「15日間全額返金保証」があるため返金してもらえるのも特徴です。

 

ルテイン ビルベリー ゼアキサンチン
12㎎ 170㎎ 2.4mg
アスタキサンチン 微粒元素 その他
1mg 亜鉛、銅 クロセチン、ビタミンC、βカロテンなど

-老眼サプリの口コミ
-, , ,

Copyright© 老眼サプリ徹底比較ランキング , 2018 AllRights Reserved.