老眼に関する基礎知識

スマホ老眼の対策方法5選!まずはセルフチェックから始めよう!

投稿日:

昔は高齢者に特有であった老眼ですが、今は若い世代でも老眼になることがよくあります。

そして、若い世代の老眼は原因が「スマホ」や「テレビ」「パソコン」といったものにあるのですが、特に「スマホ」の利用しすぎによる老眼が増えているため「スマホ老眼」とも言われていますね。

ここでは、そんなスマホ老眼のセルフチェックをするとともに、スマホ老眼にならないための「対策法」を紹介していきます。

スマホ老眼になっていないかチェックしよう

まずは、スマホ老眼になっていないかをチェックしましょう。

スマホ老眼の症状でチェックする

下記がスマホ老眼の症状として代表的なものです。

スマホにピントを合わせた後、景色を見ると、景色がぼやける(ピント調整がスムーズではない)

遠くが見えやすく、近くが見えづらい

薄暗い所で、文字が読みにくい

目がよく疲れる

目が充血しやすい

夕方になると視力が落ちる気がする・目がかすむ

目がよく乾く

これらの症状は、通常加齢に伴う「老眼」の症状ですが、スマホ老眼の症状でもあります。

きっと40代以上の方なら「あるある」と思うような内容ですが、30代前の若い世代でありながら、すでに上記の症状を感じている場合は、すぐにでも対策をした方が良いです。

スマホ老眼のセルフチェックでよく使われるチェックリスト

上記は、スマホ老眼が進行した後に感じる症状でしたが、「もうすぐでスマホ老眼になりかけ」の状態であるかどうかもチェックしましょう。

昼間と夕方では、夕方の方が視力が明らかに落ちる

小さな文字が以前より見にくくなった

本を読んでいると疲れるようになった

メールやLINEをする時に、スマホの細かい文字が見にくくなった

本や雑誌、スマホを遠ざけて見るようになった

薬やサプリメントのラベルが小さすぎて見ずらい

これらは、スマホ老眼の一歩手前といった状態です。これでも2つ以上当てはまると、スマホ老眼の可能性があり、適切な対策をしていく必要があります。

スマホ老眼の対策方法

では、どうしたらスマホ老眼になるのを予防したり、進行を抑えたりすることができるのでしょうか。ここでは、スマホ老眼対策として有効な5つの方法を紹介します。

対策方法① ブルーライトカットメガネは必須です

スマホやパソコンの使用を減らすことも大切ですが、まずは、ブルーライトカットメガネの使用です。これによって「かけるだけ」でスマホ老眼対策をすることができます。

日本で一番売れているらしいのは、「JINS SCREEN」です。

対策方法②スマホ使用の際は「休憩時間」を意識する

スマホ老眼の症状を感じていたり、心配している人は、スマホの使用時間が多いという特徴があります。また、「減らしたくても減らせない」といった状況であることも考えられます。

ですので、せめて「休憩時間」はとるようにしましょう。

目安としては、1時間あたり15分の休憩が望ましいと言われていますが、2時間おきに10分の休憩でも効果はあると言われています。

休憩と言っても、「トイレに行く」「印刷物をすりにいく」などちょっとしたことでいいので、「スマホの長時間の見すぎ」には注意をしましょう。

対策方法③ルテインとゼアキサンチンのサプリメントを摂取する

「サプリメント」と聞くと、サプリメントに頼りたくないという人がいます。しかし、目の健康を保つためには、ルテインとゼアキサンチンは必須と言っても過言ではないほど重要視されています。

実際、日本では失明率4位、欧米では失明率1位の加齢黄斑変性症に置いては、眼科学会のガイドラインにて「初期はAREDS基準のサプリメントを摂取すること」というのが決められています。

※AREDS基準のサプリメントについてはぐぐってみるといいですが、つまりはルテインとゼアキサンチンが大事だということです。

ですので、ルテインやゼアキサンチンを含むサプリは、「スマホ」「パソコン」を良く使う人ほど使った方が良いのです。こちらも日本で一番売れているらしいのは「めなり」というルテインサプリです。

対策方法④ガムを噛む

嘘のような本当の話ですが、ガムを噛むことと老眼対策は深い結びつきがあります。これは、ガムを噛むことによる「血行の促進」や水晶体の厚みを調節する「毛様体」という筋肉を鍛えることができるからです。

ここでは「噛む」という行為が重要であり、「ガム」なのはずっと噛み続けられるからです。ただし、それ以上に上記3つの対策方法の方が有効であることはお忘れなく。

対策方法⑤まばたきの回数を意図的に増やす

スマホを使用している時には、まばたきの回数が減っていることを知っている人は多いはず。そんなまばたきですが、「知ったから」といって「増える」わけではありません。

スマホやパソコンをする際は、「まばたきを忘れないぞ」と意識するくらいがちょうど良いのです。

そうは言っても、まばたきは忘れます。集中すればするほど忘れます。だからこそ、パソコンのモニターに「まばたき」と書いた付箋を貼ってもいいくらいなのです。

スマホ老眼対策の「トレーニング」はやらないほうがいい

ここまで5つのスマホ老眼対策を紹介してきましたが、他にも「トレーニング(いわゆる眼トレ)」や「ツボ押し」などが効果的と言う人もいます。

しかし、それらの眼トレや方法は、やらない方が身のためです。

中には眼科医が書いたトレーニング本もあるのですが、実はそういうトレーニング本で、白内障になり、失明の危機に陥った人もいます。眼科医が書いた本にもかかわらず、です。

ですので、安易に眼トレ本やツボ押しはやらないのが身のためです。一見安全に見えて、目にとっては負担しかありませんので、知るのはいいですが、やらないことがおすすめです。

さいごに 本当にスマホ老眼になったら?

スマホ老眼の症状が進行するとどうなるのでしょう?実は画期的な治療法はありません。レーシックもありますが、腕のいい眼科医でないと失敗のリスクもあるため、なかなかレーシックも無理でしょう。

そうなると「老眼鏡」の出番ですが、老眼鏡、かけたくないはずです。

だからこそ、今回紹介した「ブルーライト対策」と「ルテイン・ゼアキサンチン」は必要です。目のことを思うなら、お金を出して、手に入れましょう。

現代は、寿命が延びました。だからこそ、目のトラブルは急増しています。本当は、寿命が延びたからこそ、目の寿命を延ばす努力が必要なのに多くの人がやっていません。

むしろ、目に悪い「スマホ」を長時間使用して、「大丈夫、俺は眼病にならないから」と言っています。残念ながら明るい未来はないでしょう。

ここまで言うのは、スマホ老眼が「あの時ああしておけばよかった」と後悔だけでは済まされないからです。ですので、今すぐに、何かしらの行動を起こすことが大切です。

もちろんそれが「眼科の定期健診」であれば、最高です。

【1位】めなり

 老眼サプリに重要な「ルテイン12㎎」「ビルベリー(アントシアニン)170㎎」が含まれていることはもちろん、ゼアキサンチン、アスタキサンチン、クロセチン、亜鉛、銅など、ルテインと相性の良い補助成分が配合されています。

ルテインはフリー体ルテイン、アスタキサンチンもフリー体アスタキサンチンを使っていますし、ビルベリーは「特許製法」で作られ、吸収率は従来の2倍です。

初回907円でお試し後、継続の必要なしで解約することができます。また、2週間ほど使用して効果がなければ「15日間全額返金保証」があるため返金してもらえるのも特徴です。

 

ルテイン ビルベリー ゼアキサンチン
12㎎ 170㎎ 2.4mg
アスタキサンチン 微粒元素 その他
1mg 亜鉛、銅 クロセチン、ビタミンC、βカロテンなど

-老眼に関する基礎知識
-,

Copyright© 老眼サプリ徹底比較ランキング , 2018 AllRights Reserved.