老眼に関する基礎知識

目の老化を防ぐためにできる10のこと!早めの対策が老眼予防につながります

投稿日:

加齢に伴って肌が老化していくように「目」も老化をしていきます。そして、目が老化する=毛様体や水晶体が老化することで起こる症状の1つが「老眼」です。

しかし、誰しもが老眼になるわけではありません。肌が年齢以上に若い人もいるように、目の年齢も年齢以上に若く保つこともできるのです。

もちろん「絶対に若さを保つ」ということはできません。それでも対策をすれば、目の老化を予防することができます。では、具体的にはどんな方法を行うことが、老化を防ぐことにつながるのでしょうか?

このページでは、目の老化を防ぐためにやりたい10のことを紹介していきます。

目を休ませることは目の老化を防ぐ基本です

目を休ませる

目が酷使された状況になり、ストレスを感じると活性酸素が発生します。この活性酸素は老化の原因になるものです。また、パソコンやスマホを長時間触っていると、毛様体は疲れ、水晶体が固まってしまい、これも老化の原因ともなります。

他にも様々な要因がありますが、「目の疲れ」「目の酷使」は目には良くありません。だからこそ、「休ませる工夫」が大切です。

特に長時間のスマホ、パソコン、読書などの作業をする際には、1時間おきに10分間ほど休憩する習慣をつけましょう。ついつい頑張りすぎてしまうと思いますが、目を休ませることを大切にしましょう。

適度な運動も老化を防ぐのに役立ちます

適度な運動

次にやりたいことは「適度な運動」です。この適度な運動はストレスを発散させ、老化の原因である「活性酸素」を取り除く働きもあります。

そして一番のメリットは「目に栄養や酸素が届きやすくなる」ことです。

例えば目に必要なアミノ酸やブドウ糖が目に運ばれやすくなり、涙の層の1つである「ムチン層」がよりよく改善されます。例えば、目に血液が行くようになることで、酸素が供給され、これまで以上に目が疲れにくくなります。

オススメの軽い運動は、「早歩きのウォーキングを3分」と「普通に歩く3分」を交互に繰り返すウォーキングです。

これは「インターバル速歩」と言って、NHKためしてガッテンで紹介されたものですが、体のミトコンドリアを活性化させる運動ですので、ぜひ取り入れてみて下さい。

紫外線とブルーライト対策をしよう

紫外線とブルーライト対策

目の老化の代表である「老眼」は水晶体が老化=弾力がなくなることが原因です。そして、この弾力がなくなり硬くなる原因の1つが紫外線やブルーライトによる「活性酸素」です。

そのため、外出の際にはサングラスを使用したり、パソコンやスマホを使う際には、ブルーライトカットメガネをしましょう。

しかし、紫外線やブルーライトが目に悪いことは知っていても、対策をしている人は少ないことも分かっています。

下記のテレビでも紹介されたように、紫外線は目に悪いですので、この機会にサングラス等を準備してみてはいかがでしょうか。

老眼が進んだら老眼鏡をつくろう

老眼鏡

老眼は加齢に伴って進行していくものです。老眼であることは「恥ずかしい」「知られたくない」という気持ちが大きいものですが、老眼鏡が必要なのに使わず生活を送ると、老眼はさらに進行していきます

老眼の症状は70歳前後まで進行し続けると言われています。

だからこそ、老眼鏡を作るだけでなく、定期的に眼科で検査を受け、「自分にあった老眼鏡」を作りなおしていきましょう

女性必見!アイメイクはほどほどに

アイメイク

女性にとって欠かせないものの1つが「アイメイク」です。過剰なアイメイクは、まつ毛の生え際にある「マイボーム腺」をふさいでしまうことがあります。

このマイボーム腺は、涙の油層を維持するはたらきももっています。

ですので、マイボーム腺が塞がってしまうと、ドライアイになりやすくなりますし、ドライアイだからこそ目は無防備な状態になってしまいます。

アイメイクは適度にするとともに、化粧をした時には化粧をしっかり落とすようにしていきましょう。

タバコやアルコールなどの嗜好品をできればやめよう

タバコやアルコール

活性酸素は、本来は体の免疫機能としての役割を果たしています。ですので、タバコやアルコールなど、体にとって有害なものが入ってくると、免疫機能を高めるために、体は活性酸素を多く作り出してしまいます

その結果目の老化、体の老化が進みやすくなります。そして時には、「スモーカーズフェイス」のように、見た目にも老化が進んでしまうのです。

ファイザースモーカーズフェイス引用元ファイザー すぐ禁煙.jp-タバコの美容への影響は?

タバコやアルコールはなかなか止めようと思って止められるものではないことは分かっていますが、この機会にやめることにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

天然のサングラス「ルテイン」を摂取しよう

ルテイン

「ルテイン」や「ゼアキサンチン」は最近は眼科医でも独自でサプリメントを作っており、「アイケア成分」として認知度が高くなってきました。

このルテインやゼアキサンチンは、目の網膜黄斑部に多い栄養素で、「天然のサングラス」と言われています。

天然のサングラスと言われるのは以下の理由が明らかになっているからです。

  • ルテイン、ゼアキサンチンは生まれた時から紫外線から目を守っている
  • ルテイン、ゼアキサンチンはカロテノイドで抗酸化作用がある
  • ルテイン、ゼアキサンチンは黄色のカロテノイドのため、目にとって特に有害な青色の光を吸収・遮断する

これらの役割が分かっていることから、目の健康維持のためには必須とされています。オススメのルテインサプリメントは「めなり」やファンケルの「えんきん」です。

>>めなりの詳細はこちら

>>えんきんの詳細はこちら

ただ、より詳しく知りたいという方はトップページ「老眼サプリの比較ランキング」で紹介していますので、そちらを参考にしてみて下さい。

眼精疲労・目の疲れ対策も目の老化を防ぐ

アントシアニン

また、目に良い栄養素は「ルテイン」「ゼアキサンチン」だけではありません。他にも「アントシアニン」「アスタキサンチン」「クロセチン」など様々な栄養素があります。

そして特に覚えておきたいのは、目に良い栄養素の多くに活性酸素を除去するはたらき=抗酸化作用があり、「カロテノイド」「ポリフェノール」に分類されるものが多いと言う事です。

すべてのカロテノイド、すべてのポリフェノールには抗酸化作用があります。これらは「色素成分」でもありますので、野菜やアスタキサンチンの多い赤色の魚を食べるようにしましょう。

そうすることで、目の疲れの予防にもつながります。

老化による死亡率も下がる?!カロリー制限も大事!

カロリー制限

体全体のアンチエイジングにも有効だと言われているのが、カロリー制限です。カロリー制限を調べるためにサルを用いて行われた実験では、カロリー制限をすると老化による死亡率が普通に比べて36%も低下したそうです。

つまり、カロリー制限は、老化防止に役立ちます

カロリー制限をする際には、普段食べている食事量から25%程度減らすと効果的であることも分かっていますので、ぜひチャレンジしてみて下さい。

頭を使う!脳を使うことも大切です!

脳を使う

「頭を使うとハゲる」なんて言われることもありますが、頭を使うことは老化を防ぎます。事実、頭を使う人ほど肌の状態が良い=老化しにくいと言う研究結果も出ています。

脳は疲れません。そして、元気な人ほど、高齢でも趣味を充実させていることも理解できるかと思います。

頭を使うことは、頭だけでなく、体の老化にも効果的=アンチエイジング効果がありますので、ぜひ脳をどんどん使ってみて下さい。

さいごに

今回は、目の老化を防止する方法を紹介してきました。

そして、外側からのケアとして「サングラスやブルーライトカットメガネ、老眼鏡、運動」などの方法を、内側からのケアとして「ルテイン、ポリフェノール、カロテノイドなどの抗酸化作用のある食品の摂取」などの方法を紹介してきました。

これらをもっとシンプルに言うと「当たり前のことを習慣にする」ということです。この習慣を作るには「66日間」続ければ良いということも心理学で分かっています。

ですので今回紹介した10のことを、まずは2か月間頑張ってみませんか?応援しています!

【1位】めなり

 老眼サプリに重要な「ルテイン12㎎」「ビルベリー(アントシアニン)170㎎」が含まれていることはもちろん、ゼアキサンチン、アスタキサンチン、クロセチン、亜鉛、銅など、ルテインと相性の良い補助成分が配合されています。

ルテインはフリー体ルテイン、アスタキサンチンもフリー体アスタキサンチンを使っていますし、ビルベリーは「特許製法」で作られ、吸収率は従来の2倍です。

初回907円でお試し後、継続の必要なしで解約することができます。また、2週間ほど使用して効果がなければ「15日間全額返金保証」があるため返金してもらえるのも特徴です。

 

ルテイン ビルベリー ゼアキサンチン
12㎎ 170㎎ 2.4mg
アスタキサンチン 微粒元素 その他
1mg 亜鉛、銅 クロセチン、ビタミンC、βカロテンなど

-老眼に関する基礎知識

Copyright© 老眼サプリ徹底比較ランキング , 2018 AllRights Reserved.