老眼に関する基礎知識

老眼回復のためにできるのは手術だけ?どんな方法があるの?

投稿日:

「細かい文字が見づらい」「なんだか景色がぼやけて見える」

老眼になると、昔に比べて普段の生活が送りにくくなりますよね。もちろん老眼回復をあきらめて、老眼鏡などを使って普通に過ごすことはできますが、「なんとかできるなら、なんとかしたい!」と思う人も多いのではないでしょうか。

このページでは、老眼回復の手術や、手術まではいかないけれど、老眼回復に有効な対処法を紹介していきます。

こんにちは!
老眼サプリ徹底比較管理人の近藤です。

老眼の症状を感じるからこそ、「何とか老眼を治したい」「回復させたい」と思うのは当然のことですよね。しかし、ネットを見てみれば、「サプリが良いよ」「老眼回復トレーニングが良いよ」という情報も多くあります。

もしそんな老眼回復ができるサプリやトレーニングがあれば、医者は必要ありませんし、それこそノーベル賞ものだと言えるでしょう。つまり、サプリやトレーニングは、「必ず治る」ものではないということです。

ここでは老眼回復を本気で考える方に向けて、現在の老眼治療のホントの所や、サプリ等にどの程度効果が期待できるのかについて紹介していきます。

老眼回復のための治療法=眼科手術

老眼回復したい

まず、確実に老眼回復させるには、眼科での治療や手術しかありません。

老眼は、普段厚みを変えてピント調整をしている「水晶体」が固くなってしまったり、ピント調整をするための目の筋肉である「毛様体」が衰えてしまうことで起こる症状です。

それらの問題を解決し、確実に老眼回復するためには眼科での治療しか方法がありません。では、どんな治療が眼科で行われることがあるのでしょうか?

レーシック

老眼回復のために眼科で出来る方法の1つが「レーシック」です。眼科ではものビジョンレーシックやブレンドビジョンレーシックなど様々なレーシックがありますが、老眼回復だけでなく、裸眼の視力も取り戻せる方法の1つです。

自費診療となりますが、片目あたり20万円~30万円前後ですし、レーシック技術も高まってきてますから、最近よく選ばれている老眼治療の1つです。

モノビジョンレーシックの場合は、一方の目は近くを見やすくし、もう一方が遠くを見やすくするという方法であることがデメリットです。

レインドロップ

レインドロップは上記のレーシックに加えて、2ミリほどの小さなレンズを角膜内に挿入する治療法です。レーシックに比べてよりはっきりくっきり見えやすいとされています。

手術としてはレーシックにあたりますが、「手術をするなら、できる限り裸眼で過ごしたい」という方に選ばれているようです。しかし、通常のレーシックに比べるとレインドロップの挿入だけで30万円ほどかかりますので、総額で片目あたり40万円~50万円になっていきます。

多焦点眼内レンズ

2007年に厚生労働省に認可された「多焦点眼内レンズ」も老眼回復に有効な方法です。この治療を受けることで、遠くも近くもピントが合うようになります。水晶体をレーザで分割し、すべて取り出し、その後眼内レンズを留置するという方法ですが、遠近の両方を見ることができるため、老眼鏡が必要なくなるというのがメリットです。

ただし、高額であることが一番のデメリットですし、レンズによって価格差が大きく、高くなると100万円以上の費用がかかることもあります。

老眼リング

小さい穴を通してみると、視力が上がったように感じることがありますよね。この「ピンホール効果」を利用した老眼回復治療が「老眼リング」です。2009年に登場したアキュフォーカスの場合、費用が30万円程度と比較的安価で、なおかつ手術時間は15分程度というメリットがあります。

老眼リングは、目の感じる明るさが減るとともに、片目だけの治療(もう一方は遠くを見るために使うため)になりますが、レーシックの「遠くを見る力が低下する」デメリットを小さくした治療法です。

ただし、老眼リングの治療をしている眼科は少なく、そもそもこの治療法を選ぶことができない眼科も多く存在しています。

どの老眼回復の手術もメリット・デメリットがある

このように、様々な老眼回復治療法がありますが、どの方法にも必ず「メリット」と「デメリット」があります。このメリットデメリットは一人一人の状況に応じて変わりますので詳しく説明しませんが、このような部分をしっかり伝えてくれる眼科を選ぶようにしましょう。

眼科にとっては症例数が増えるだけですが、手術を受ける立場にとってみると、その後の人生が変わるかもしれないことです。ですので、手術を受ける際には、しっかりと説明され、信頼できる眼科を選ぶようにしましょう。

手術なしでの老眼回復法はないの?

手術なしの老眼回復

やはり目の手術となると、怖いものです。「大丈夫、リスクはほとんどありませんよ」と言われても、リスクがゼロなわけではありませんから、相応の覚悟が必要になるでしょう。

でも、何も対策しなければ、老眼は悪くなるばかり。では、手術ほど効果は期待できないけれど、もしかしたら可能性のある、老眼回復方法はないのでしょうか?

ビタミン類

ビタミン類

まず老眼回復や予防に効果があるのが抗酸化作用のあるビタミンです。ビタミンの中でも、「A・C・E」は抗酸化作用が強く、これらをまとめて「ビタミンACE(エース)」と呼ぶこともあります。

また、この3つのビタミン以外にも、ビタミンB類も老眼の進行の原因となる目の疲れに効果的だと言われています。ビタミン類は野菜に多いですので、野菜中心の食生活を送るようにしましょう。

ルテインやアスタキサンチン

アスタキサンチン

すべてのカロテノイドには優れた抗酸化作用があることが分かっています。そして、そんなカロテノイドの中でも老眼に効果があるのではないかと言われているのがルテインアスタキサンチンです。

ルテインは光が集まる網膜部分に多いカロテノイドです。網膜付近は光が集まるため、活性酸素が発生しやすくなっていますが、その活性酸素を取り除いてくれます。また、黄色のカロテノイドですので、青色の光を吸収してくれます。

アスタキサンチンは目のピント調整力を改善するはたらきがあることが分かってきています。ビタミンEの1000倍の抗酸化力もあると言われており、目の疲れや老眼の予防といったはたらきもあります。

このルテインとアスタキサンチンの両方の機能性表示食品なのがファンケルの「えんきん」です。えんきんは、この他にも、DHAやアスタキサンチンであるシアニジン-3-グルコシドの機能性表示食品ですので、老眼回復にも効果が期待できます。

>>えんきんの詳細はこちら

老眼回復トレーニングには注意が必要

老眼に効く眼トレ本は、眼科医が発売しているものあるように、栄養素の他にも「眼トレ」をすることで老眼が回復することもあります。しかし、このような老眼回復トレーニングには注意が必要です。

なぜなら、「やり過ぎ」によって網膜剥離を起こすこともあるからです。眼トレをする際には、医師の指導を受けながら、適切な範囲内でトレーニングをしましょう。

目を酸化させない・老化させない「予防」も大事

大切なのは回復だけではありません。予防も大切です。その予防に役立つのが「アイケアサプリ」です。

私自身、これまで8種類を使ってきましたが、その中でも効果実感度が高かったのが「めなり」です。めなりはルテイン12㎎、ゼアキサンチン2.4㎎、特許取得ビルベリー170㎎など、目に良い成分が豊富に含まれています。

薬局では買えないレベルのサプリでありながら、907円で継続の必要性がないですので、まず一番に試してみて欲しいアイケアサプリです。

>>めなりの詳細はこちら

老眼サプリの口コミと正しい選び方
老眼サプリの口コミを信じてはいけない理由、そして正しい選び方

老眼に効果的なサプリとして、様々な商品が販売・宣伝されています。そして、老眼サプリを調べていると気になるのが「口コミ」です。 しかし、この口コミの現状が本当にひどいのです。 サプリですので確かに体への …

続きを見る

さいごに

老眼は眼科での手術で治るようになってきました。これはとても嬉しいことですね。しかし、もしかしたら今後、もっと良い術式が生み出されるかもしれません。

そうなると「今はまだやめておこうか」と判断するのも1つです。

ただ、大事なことは、定期的に眼科での検査を受けることです。特に日本は定期的な眼科受診の習慣がないですから、1年に1回は、今年から行ってみてはどうでしょうか。

【1位】めなり

 老眼サプリに重要な「ルテイン12㎎」「ビルベリー(アントシアニン)170㎎」が含まれていることはもちろん、ゼアキサンチン、アスタキサンチン、クロセチン、亜鉛、銅など、ルテインと相性の良い補助成分が配合されています。

ルテインはフリー体ルテイン、アスタキサンチンもフリー体アスタキサンチンを使っていますし、ビルベリーは「特許製法」で作られ、吸収率は従来の2倍です。

初回907円でお試し後、継続の必要なしで解約することができます。また、2週間ほど使用して効果がなければ「15日間全額返金保証」があるため返金してもらえるのも特徴です。

 

ルテイン ビルベリー ゼアキサンチン
12㎎ 170㎎ 2.4mg
アスタキサンチン 微粒元素 その他
1mg 亜鉛、銅 クロセチン、ビタミンC、βカロテンなど

-老眼に関する基礎知識
-, ,

Copyright© 老眼サプリ徹底比較ランキング , 2018 AllRights Reserved.