老眼に関する基礎知識

老眼を改善するトレーニングの5つのステップ!家でも簡単にできる方法を紹介

投稿日:

「老眼」はトレーニングで治らないと言われますが、その反対に「老眼がトレーニングで治った」という人もいます。これは人によって効果がある・ないが分かれるということですが、まだやったことがなければ十分に老眼トレーニングはやる価値があります。

しかし、どんなトレーニングが老眼の改善に効果的なのでしょうか?

このページでは、老眼に効くトレーニングと、それらのトレーニングが「どんな目的なのか」も併せて紹介していきます。

目の周りの筋肉「毛様体」を鍛えて老眼を改善しよう

目のピント調整機能の衰えは、目のピント調整を行う筋肉である「毛様体筋」の衰えである場合があります。

水晶体は加齢とともに硬くなっていきます。ですので、毛様体筋も筋力を必要としますが、老眼によって毛様体も弱ってしまっています。こうなると、老眼は加速するばかりです。

そこで、まずは毛様体筋を鍛えるトレーニングを行ってみましょう。

ステップ1:毛様体トレーニング、まずは筋肉をほぐそう

毛様体は筋肉ですから、それなりの準備運動が必要になります。

  1. 右手を目の30センチほど前に立てて、そこを見ます
  2. 右手を体の右側に移動させるとともに、それを目で追います(眼球を右に向けます)
  3. 左も同様に行います。
  4. これを1分ほど繰り返します

このようにして、目の周りの筋肉をストレッチしてあげましょう。

ステップ2:眼球を柔らかくするトレーニング

次に眼球を柔らかくしていきます。この時のポイントは「焦点を変える」ということです。

  1. 目の前に親指を立てて、爪を見る
  2. 手を目から30センチ離す
  3. また爪を見る
  4. そこからさらに30センチ話す
  5. また爪を見る

このように、焦点の位置を変えていきます。そうすると眼球が柔らかくなり、毛様体も動きやすくなります。

ステップ3:あえてぼやける老眼鏡を使う雲霧法

次は、一部の眼科や視力回復センターで行われているトレーニングを紹介します。それが雲霧(うんむ)法と呼ばれる方法です。

  1. 100均などで、ピントの合わない老眼鏡を購入する
  2. 景色をみながら、10分間ぼーっとくつろぐ

たったのこれだけです。そして、老眼鏡を外すと、脳の処理能力や毛様体が上手にリセットされ、老眼が回復することがあります。

ステップ4:体全体のストレッチをする

最後に、体全体もストレッチして、目の周りの血流改善をしていきましょう。特に「ふくらはぎ」あたりの血行を改善すると、全身のめぐりも良くなります。

自分が「気持ちいい」と思えるストレッチを無理のない範囲で行いましょう。

一番大事な老眼トレーニングのステップ0!

ここまで4つの老眼に効くトレーニングを紹介してきましたが、大事な大事なステップ0があります。それが眼科で検査してもらうということです。

目の状態は、眼科における検査でしか正しく分かりません。

眼科で検査すれば、緑内障や白内障、加齢黄斑変性といった初期症状に気づけるかもしれませんし、また、「問題ない」と分かれば、それだけでも安心できます。

また、一度カルテとして保存してもらうことで、その後「経過観察」も可能になりますし、その眼科医推奨の老眼トレーニングを聞くことができるかもしれません。

今現在、眼科に通っていない方は、この機会に眼科で検査をしてもらいましょう。

老眼予防にサプリメントも有効です

また、老眼に対しては、「ルテイン」「ゼアキサンチン」「アントシアニン」といった目に良い栄養素も効果的だと言われています。

特に「ルテイン」「ゼアキサンチン」は目に必須の栄養素ですが、ほうれん草やケールなど、一部の野菜にしか含まれておらず、1日6㎎の摂取が難しい栄養素です。

ですので、ルテインサプリメントなどで、最低限の栄養摂取もしてみましょう。ルテインサプリについてはルテインサプリの比較とランキングを掲載したこちらのブログが参考になります。

また、当ブログでもおすすめのサプリメントについて、トップページにて掲載していますので、そちらも併せてご覧ください。

過度な老眼トレーニングは網膜剥離の危険性があります

最後に、とても重要なことですが、老眼トレーニングのしすぎにも注意が必要です。なぜなら、過度な眼トレによって、「網膜剥離」の危険性もあるからです。

これは実際にあったことですが、眼科医の言う眼トレを本で学んで、毎日実践した女性がいました。その方は老眼に悩んでいて、毎日とことん眼トレしました。

来る日も来る日も眼トレしていった結果、突然目の前がおかしくなったのです。つまり、網膜剥離を起こしていました。

そして、違う眼科医に見てもらった所、その網膜剥離が眼トレによるものだと分かりました。このように、「眼科医のいう事がすべて正しい」というわけではありません。

また、今回紹介した方法も、過激にやりすぎれば目にとっては負担になります。「やり過ぎ」は禁物です。適度に行いましょう。

また、それぞれの眼トレに不安がある場合は、それこそ担当医に相談してみましょう。それでは今回は、老眼を改善するためのトレーニングについてでした。

 

【1位】めなり

 老眼サプリに重要な「ルテイン12㎎」「ビルベリー(アントシアニン)170㎎」が含まれていることはもちろん、ゼアキサンチン、アスタキサンチン、クロセチン、亜鉛、銅など、ルテインと相性の良い補助成分が配合されています。

ルテインはフリー体ルテイン、アスタキサンチンもフリー体アスタキサンチンを使っていますし、ビルベリーは「特許製法」で作られ、吸収率は従来の2倍です。

初回907円でお試し後、継続の必要なしで解約することができます。また、2週間ほど使用して効果がなければ「15日間全額返金保証」があるため返金してもらえるのも特徴です。

 

ルテイン ビルベリー ゼアキサンチン
12㎎ 170㎎ 2.4mg
アスタキサンチン 微粒元素 その他
1mg 亜鉛、銅 クロセチン、ビタミンC、βカロテンなど

-老眼に関する基礎知識
-,

Copyright© 老眼サプリ徹底比較ランキング , 2018 AllRights Reserved.